LEDヘッドライトNEWS

s_1box-239-thumb-520x390

洗車はボディの色ごとに注意が必要

投稿日:2017.01.20 洗車の仕方

車は多種多様な色があり、どれにしようか悩んでしまうこともあります。
好きな色を購入すればいいのですが、洗車の観点から洗車しやすい色、しにくい色が 存在ます。

同じように洗えばいい!というわけにはいきませんので、
ボディ色ごとの注意点を見ていきましょう。


・白系は塗装が分厚くなる



s_aqua

出典:cacaca


白は定番で人気が高い色です。 鮮やかな色合いを出すために、白のボディは下地処理の工程がひとつ多くなっています。 そのため、値段が少し高いという欠点があります。

白は汚れが目立ちやすいのです。ですが、塗料が固いため、傷がつきにくいというメリットがあります。 比較的手入れがし易いのが特徴です。経年劣化による色あせのリスクも少ないのが嬉しいところです。


ホワイトの場合は、塗料が分厚くなるため、耐久性が高いというのがあります。



・黒系は高級感があふれる



s_1box-239-thumb-520x390

出典:磨き魂

高級車に黒色が多いのは、しっかり手入れしていると光沢がでやすく、高級感がでるからです。こうした色の効果があります。 ただし、太陽光を吸収しやすいため、色あせが強く、こまめにワックスがけするなどのケアが必要です。

汚れも目立ちやすいため、しっかりとメンテナンスできる人に向いています。ツヤを失ってしまわないように、こまめな手入れが必要です。また、屋根付きの車庫などがある人が黒系を買われると良いでしょう。


黒系は塗料が柔らかく、こまめな手入れが必要となります。 ボディが柔らかいと、傷が付きやすく、特に黒色は小キズがつきやすいのでまめに洗車して、 コーティングやワックスがけなどを行うといいでしょう。

反対に白色やシルバーなどは塗料が固いため、 手入れはそれほどこまめにしなくとも長持ちします。塗料のかたい・柔らかいによっても、傷のつきやすさは異なるのです。



・シルバー系は手入れがしやすい



s_zggggggggg

出典:車と保険情報.biz


シルバー系は手入れがしやすく、汚れが目立ちにくいのが特徴です。 塗料もかたくて、傷もつきにくいのが特徴です。実用性が高いのが魅力です。 ベンツなどでも長年使われてきたのは、こうした実用性の高さゆえです。 塗装も劣化しにくく、メンテナンスが面倒な人にはおすすめの色です。



・赤系は紫外線による色あせに注意



s_708_dl0000618102

出典:日産


赤は、オシャレ感があってスポーティで人気の色ですが、好き嫌いがわかれます。 ただし、塗装がもろいという弱点があります。紫外線によって色あせしやすく、乗っていると徐々に色合いが落ちてくるというのが欠点です。

コーティングや洗車などをこまめに行うことで、状態をキープすることができますが、こまめにできないと難しい色合いです。 輝きがないと印象が悪くなってしまう色なので、難しい色です。 色あせがあると、中古車で売るときも減点対象となってしまいます。



・青系は色あせもしにくく塗料が固い



s_img_3

出典:青い車


青系は塗料がかたく、色あせもしにくい色です。手入れがしやすく、おすすめの色です。 黒に近い濃紺などの色になってくると、黒色系と同様、塗料が柔らかくなって手入れが大変です。

メタリック系の青であれば、塗装状態がそれほど劣化しないため、中古車で売るときも減点対象にはなりにくいのです。



・その他の色



s_D700_1004

出典:SOPPO


ピンクや黄色などのさまざまな色がありますが、定番カラーに比べて、ダークな色ほど塗料が柔らかく、 手入れが難しいということです。こまめに洗車にかけるか、コーティングをほどこすなどのケアが必要です。
また、柔らかい塗料は、傷も付きやすく、汚れも目立ちやすいです。また、白・黒・シルバーに比べて、 奇抜な色ほど、中古車査定に出したときに査定額が下がるというデメリットもあります。


ですが、せっかく乗るのであれば、お気に入りの色に乗りたいものです。 こまめに手入れして、色褪せを防ぎましょう。


赤やオレンジ、黄色などのビビッドな色合いは、退色が目立ってしまうので、手入れには覚悟が必要です。 シルバーやホワイトなどは、人気があるのは、その分だけメリットが多いということです。
ブラックなどは小キズが目立つため、コーティングなどは欠かせません。 いちばん放置で良いのはシルバーですが、それでも愛車の価値を下げないためにも、まめな手入れは欠かせないでしょう。



【その他の洗車の仕方について】

一覧を見る

Go Back to Top!