LEDヘッドライトNEWS

torisetsu_0401_01

車シャンプーのおすすめのやり方とは

投稿日:2016.10.31 洗車の仕方

シャンプー洗いとは、カーシャンプーを使って愛車をピカピカにすることをいいます。 カーシャンプーというのは、専用に開発された車を洗う専用のカーシャンプーのことです。

人間のシャンプーで洗ったりしてはいけません。シャンプーをスポンジで泡立てて、 泡を使って車のボディを洗車していきます。洗剤を使って洗うため、水洗いでは落ちないような頑固な汚れや、泥汚れを浮かせて綺麗に落とすことができ、車がピカピカに仕上がります。

水洗い、シャンプーでの洗車、シャワー、拭き上げ、という流れで、綺麗にしていきます。 ホコリが転がって傷をつけないためにも、風があまり吹いていない場所で洗車を行うこともオススメです。

・カーシャンプーの正しいやり方とは?


  • img_2283-thumb-541x361-2156

出典:MOBY http://www.ajs-garage.com/



シャンプー洗車に必要なものは、以下のとおりです。

●ホースにつなぐシャワーノズル。
●クロスを洗ったりシャンプーを薄めたりするのにバケツ。
●洗車用シャンプー。カーショップに行けば、多くの種類が販売されています。
ワックス入りのものも販売されているので、いろいろ見てみるといいでしょう。
●洗車用のスポンジ。目の粗い物は傷の原因になってしまいますので、
 柔らかい素材を使うのがいいでしょう。

●拭き上げ用のクロス。普通のタオルだと硬すぎるので、マイクロファイバーの
 クロスを使うようにしてください。


オススメは柔らかめで吸水性の高いスポンジと、濃縮シャンプーを使って、マイクロファイバーのクロスで 拭き上げることです。



・カーシャンプーのコツ


  • carwash_ad_250x250

出典:HightLander http://www.highlander.co.jp/



バケツにカーシャンプーを入れて水を入れて薄めます。説明書きをよく読んで下さい。 中には原液で使うタイプのものもあります。バケツの中にシャンプーの原液をいれて、 そこに勢い良く水を注ぎます。


そうしますと泡立ちますので、水流を使ってしっかりと泡を立てるようにしてください。 カーシャンプーは濃いから汚れが落ちるというものでもありませんので、しっかり泡立てることが大切です。


カーシャンプーを泡立てて準備したら、最初にシャワーを車にかけます。

ホコリやドロなどを水でざっと洗い流して、傷の原因を除去します。
水をかけることによって、こびりついた泥汚れなども柔らかくなり、カーシャンプーが楽に
なるので、必ず最初に水で洗い流して下さい。



基本的には、天井から下に向かって、上から下に順番に泥を落としていきます。
バケツに泡立てたシャンプーをスポンジにとって、ボディを洗っていきます。

泡などもしっかりとスポンジにしみこませて、力をいれずに軽く洗っていきます。
ゴシゴシとこするのではなく、軽いタッチで洗っていきます。
こすると傷の原因になります。


ボディの洗車が終わったら、次は足回りを洗っていきます。足回りは別途スポンジを用意したほうがいいでしょう。 必ずボディから先に洗って下さい。水で洗い流したあと、シャンプーをスポンジにとって、まんべんなく軽く 洗っていきます。ボディと足回りを十分に洗うことができたら、水をかけてシャンプーを洗い流します。


表面だけでなく、シャンプーが部品の奥の方にまで到達している場合がありますので、
シャワーの水圧をあげて、奥の方の汚れも落とすようにして下さい。


夏などの高温期は、こまめに洗ってこまめに洗い流す方法でパーツごとに洗っていくと良いでしょう。 そのほうが跡がつきません。ひととおりシャンプーを洗い流したら、ボディについている水滴を拭き取ります。 クロスは吸水性の高いものがオススメです。マイクロファイバーが良いでしょう。


ボディを水で洗い流すので、そのクロスで水分を拭きあげます。水分が乾いてしまうとウォータースポット ができてしまいますので、早めに手早く拭きあげましょう。



【その他の洗車の仕方について】

一覧を見る

Go Back to Top!