HB3ヘッドライトをLEDにする効果とは? - LEDヘッドライト厳選比較ランキング情報

LEDヘッドライト厳選コラム

HB3ヘッドライトをLEDにする効果とは?

投稿日:2018.02.17 お知らせ

ホイール交換やマフラー交換などよりも、さらに安価で手軽にできるカスタム方法として、ヘッドライトのバルブを、ハロゲンからLEDに交換している車もよく見かけるようになりました。
ところが、HB3タイプのハロゲンは使用されている範囲が限定的なため、ネットにはあまり情報が出ておらず、この記事にたどり着いたという方も多いのではないでしょうか。
今回の記事では、あまり情報が出回っていないHB3ハロゲンについての解説や、オススメのLEDはどこなのかなどについてご紹介していきます。

ハイビームにこそLEDがオススメ

参照元:グーピット



HB3タイプのハロゲンバルブは、多くの場合、ハイビームとロービームが分かれている4灯式ヘッドライト(一部例外あり)の、ハイビーム側に使用されています。
「ハイビームなんて普段使わないからハロゲンでいいや」という方もいらっしゃると思いますが、ハイビームだからこそLEDのメリットを存分に発揮できると言っても良いのです。 ハイビームに求められる性能とは何なのか、そして、なぜハイビームにこそLEDがおすすめなのかについて下記よりご説明していきます。


瞬時に100%の光量を発揮


これまで、ハロゲンのヘッドライトを明るくするといえば、HIDというのが常識でした。確かに、明るさだけを見れば、LEDはHIDに敵いません。 しかし、HIDは構造上、通電してから100%の光量(明るさ)になるまで、早くても数秒の時間を必要とします。そのため、ON/OFFの回数が多いハイビームには向かず、特に、日常的に行われるパッシングという動作には全く向きません。
パッシングを行うときというのは、対向車に道を譲ったり、反対に譲ってもらった時のお礼として使用したりするのが一般的です。
ところが、パッシングの役割として重要なことは、自分を含め、周囲に危険を知らせるという目的でも使用されます。
つまり、いざ危険を知らせようにも、瞬時に光らなければ、パッシングの効果が半減してしまう恐れがあるのです。
危険を知らせるパッシングという観点で言えば、通電した瞬間に100%の光量を発揮でき、強い光を放つLEDがオススメと言えます。


「球切れ」の心配がない


上記でお話した通り、ハイビームはパッシングで使用されることが多いことはもちろん、ロービームに比べると、ON/OFFの回数が多くなりがち。
山道や田舎道などを除き、日本国内では、街頭をはじめとした街の明かりが豊富ですので、ハイビームを使用しなくとも、十分な夜間の視界を確保できる環境です。
さらに、対向車が居る場合では、当然ロービームに切り替えなければなりませんし、日本の市街地では対向車が全くいないという状況は、そう長い時間続くことは少ないでしょう。そうなれば、必然的にハイビームとロービームを切り替える機会が多くなります。
HB3ハロゲンバルブは、フィラメントと呼ばれる電熱線を発光させており、ライトのON/OFFの度にダメージを受けてしまい、切れやすくなってしまうのです。
一方、LEDにはフィラメントが無いため、いわゆる球切れがありません。もちろん、コントロールユニットの故障や、基板の不良などで点灯しなくなることはありますが、耐久性という面から見ても、ハイビームにはLEDが適していると言えます。


ロービームHID、ハイビームLEDがオススメ


HB3ハロゲンは、主に4灯式ヘッドライトのハイビーム側に使用されており、純正の状態で、ロービーム側にHIDが採用されている車種では、ハイビーム側をLEDにするというのがオススメです。
ロービームの純正HIDの色温度(ケルビン数)は4500K、対して、ハイビームのHB3ハロゲンの色温度は3200~3500Kですので、両方点灯させると、ハイビームとロービームの色は大きく違います。
ハイビームは、普段あまり使用しないため、純正のHB3ハロゲンのまま使用しているという方を多いでしょう。もちろん、そのままでも安全性に問題があるわけではありませんが、一つのヘッドライトの中に純白のHIDと、少し黄色味がかったハロゲンの2色が存在するのは、決して美しいものではありません。
そこで、ハイビーム側のHB3をHIDに交換してしまう方もいますが、先述してように、HIDは満足な光量を得るまでに少々時間がかかります。ハイとローの両方がHIDで見た目には美しいかもしれませんが、やはりHIDはハイビームには適さないのです。
そこで、純正でロービームにHIDが採用されている4灯式ヘッドライトの場合は、作動に時間がかからず、HIDにも似た鋭い光が特徴のLEDがオススメ。また、ハロゲンよりも明るいLEDは、ハイビームの視認性を数段アップしてくれます。


HB3/HB4共用バルブの注意点


参照元:みんカラ

アフターパーツとして販売されている、多くのHB3用LEDキットは、HB3とHB4の両方に使用できるようになっています。
HB3とHB4は、大きさや形状などが酷似しており、共用にすることでコスト抑えることができるのです。
実際には、爪の形状やOリングの大きさなどに違いがありますが、爪の形状や大きさを工夫し、どちらにでも取付けられるようになっています。ただし、Oリングについては、太さの違う2種類のOリングが同封されていますので、取り付けの際は間違えの内容に組付けましょう。
一般的に、HB3用のOリングよりもHB4用の方が太くなっており、細いマイナスドライバーなどで交換しますが、くれぐれもOリングを傷つけないように注意しなければなりません。また、車種によっては、光源であるLEDの角度によって、配光が変わってしまう場合がありますので、共用タイプを使用する場合は、LEDの角度調整ができる商品を選びましょう。


HB3にオススメなLEDを紹介

参照元:PhotAC

ここからは、筆者が特にオススメする、HB3タイプのLEDキットをご紹介。

下記に挙げたメーカーは、どこもHIDやLEDでは有名なメーカーで、明るさはもちろん、性能や耐久性は間違いの無いメーカーです。また、メーカー保証やアフターサービスが充実しているのもオススメのポイント。 それぞれの特徴をよく理解し、あなたの車に合ったLEDを見つけてください。



HB3オススメLEDその1:スフィアライト

スフィアライト

参照元:スフィアライト公式HP

商品名 LEDヘッドライト/ハイビーム 2018年モデル
ケルビン数 3000K/3500K/ 6000K
ルーメ 4400lm(2灯合計値)
消費電力 18W希望小売価格 13,400円(税込)
ヒートシンク ファンレス

優れた配光設計により、指向性が強く色ムラが起こりやすいLEDでも、シルクのようなムラの無い光と、純正ハロゲンよりも、広い範囲の視界を確保。そして、冷却ファンを持たないファンレスヒートシンクを採用したことにより、耐久性と取付けやすさにも優れています。 純正HIDと同じ4500Kの色温度が選べるため、純正HIDを活かしたまま、ハイビームの色を揃えたい、明るくしたいという方にお勧めです。



・HB3オススメLEDその2:fcl


fcl

参照元:fcl.公式HP


商品名 LEDヘッドライト/ハイビーム 2018年モデル
ケルビン数 3000K/3500K/ 6000K
ルーメ 4400lm(2灯合計値)
消費電力 18W
希望小売価格 13,400円(税込)
ヒートシンク ファンレス


LED素子を取り付けた基盤を新設計することで、車両からの不安定な電流を制御。LEDに安定した電流を供給することにより長寿命を実現しています。また、上記のスフィアライトと同様に、コントローラーを別体としたファンレスヒートシンクを採用し、幅広い車種に取り付けることが可能です。
今回オススメしているメーカーの中では、唯一HB4との共用をさせず、HB3専用として販売。通常はコストが増えるため、その分高価になってしまいますが、価格もリーズナブルに抑え、メーカーとしての強いこだわりを感じることができます。



・HB3オススメLEDその3:IPF


商品名 LEDヘッドランプバルブ X2シリーズ
ケルビン数 6500K
ルーメ 5000lm(2灯合計値)
消費電力 28W
希望小売価格 32,184円(税込)
ヒートシンク ファン付き


今回ご紹介している中で、もっともルーメン値が高く、色温度も6500Kと青白い光が特徴。ロービームを色温度の高いパーツに交換し、明るさだけでなく、ファンション性を重視したいというこだわり派にオススメの商品です。 ルーメン値が高いということは、その分、発熱量も多くなりますが、廃熱性能を追求した「デュアルCPS」や、「高性能大型電号冷却ファン」を用いることで、配光に配慮した薄型設計でありながら、5000lmというハイパワーを実現しています。


まとめ


参照元:クルママガジン イキクル


4灯式ヘッドライトのハイビーム側に使われることの多いHB3タイプのハロゲンバルブは、普段、街中ではあまり使用しないハイビームのため、つい後回しになってしまいがちです。
しかし、ハイビームの和名は「走行灯」であり、対向車が居る時にはロービーム(すれ違い灯)に切り替える必要がありますが、本来、夜間の走行では頻繁に使うことが推奨されています
街灯のある街中でも、効果的にハイビームを使用することで、視認性が向上するだけでなく、脇道から出てくる歩行者や自転車などにも、自車の存在を知らせることで、夜間走行の安全性が向上するのです。
つまり、明るさが求められるハイビームだからこそ、耐久性と実用性に優れたLEDへの交換はメリットが多く効果的。愛車のヘッドライトの明るさに不満があるという方も、クールな光で、愛車をドレスアップしたいという方も、HB3をLED化してみてはいかがでしょうか?


順位1位2位
3位
ブランド2018モデルfclIPFスフィアライト
明るさ★★★★★★★★★☆★★★★★
配光
★★★★★★★★★★★★★★☆
放熱typeフィンファンフィン
ルーメン数2,2001,8002,400
消費電力
18W20W21W
耐久性★★★★★★★★☆☆★★★★☆
ケルビン数3,000/3,500/60006,5004,500/6,000
価格13,400円16,800円21,600円
保証1年間3年間3年間
送料
無料670円15,000円以上無料
代引手数料15,000円無料340円金額に準ずる
コスパ★★★★★★★★★☆★★★☆☆
みんカラ
レビュー
251件152件
発売日2018年2015年2017年
輸入車対応有り無し無し
対応★★★★★★★★★☆★★★☆☆
商品
fcl公式サイトIPFスフィアライト

一覧を見る

Go Back to Top!