LEDヘッドライト厳選コラム

ハイビームをLED化するメリットとは

投稿日:2016.08.10 おすすめの取付け箇所

■HIDにはない、ハイビームをLED化するメリットは?
自動車のヘッドライトは、ハイビームとロービームという2種類の機能を持っています。 自動車にはいろいろなデザインがありますが、丸いヘッドライトが左右に1個ずつしかないような 旧式の車両でも、ハイビームとロービームの切り換えは可能です。

これは、ひとつのバルブ内にハイとローの両方の機能を備えたバルブを使っているためです。 最近の自動車では、ライトをユニット化し、より車体にマッチしたデザイン処理を施すのが一般的です。 このような車両では、ボディのデザインにマッチするよう設計されたライトモジュール内に複数の光源を備え、 ハイビームとロービームで独立した光源を使う手法が多いようです。

このような車両では、ハイビームとロービームに別々のバルブを選択することも可能です。 豊かな光量のHIDに対して、反応スピードに優れたLED。それぞれのバルブが持つ特性を知ると、 より目的にマッチするライトのセッティングが可能になります。


ハイビームに適した、瞬時に最大光度を発するLED


LEDバルブは、自動車のヘッドライトではハイビームに適した特性を備えています。 LEDの大きな特性のひとつは、スイッチをONにすると同時に最大の明るさを発揮できること。 この特性は、対向車とのコミュニケーションに使われることが多いハイビームにとっては 非常に都合の良いものです。


ちなみに、LEDのこのような反応の良さを「立ち上がりスピードの良さ」などと評することがあります。 たとえば道幅の狭い場所で対向車と出会った場合、パッシングによって互いの意志を確認するような場面は 日常的にあります。このような時、パッシング操作と同時に強い光を出せるLEDでは、相手に対して確実に メッセージを送ることができます。


これは、夜間はもちろん、明るい昼間であれば、より顕著です。 HIDにもハイビームに使えるバルブはありますが、ことパッシングに関しては、LEDが圧倒的に有利です。 確かに、最近は「パッシングOK」をうたったHIDキットも増えています。


しかし、LEDとHIDはそのそもの発光原理がまったく異なります。 いろいろな工夫を凝らしてスイッチON後に速やかに明るくなるよう改善したHIDでも、 本来の特性として瞬時に明るくなるLEDのスピードには及びません。


もし、所有する自動車のハイビームが独立タイプなら、ハイビームだけを LED化することが可能です。一般的なバルブ交換と同様の作業でLED特有のキレのある パッシングが手に入りますから、何かの機会に検討してみては如何でしょう?




(参照:asahi.com
cap:最近のヘッドライトは、ライトモジュール内に複数の光源を持つ。このライトでは、HIDヘッドライトとLEDのポジションランプが仕込まれている。


消費電力の他、耐久性にも優れたハイビームLED


もちろん、ヘッドライトをLED化すると、大幅な省電力にもなります。 一般的なハロゲンバルブに比べると、LEDバルブの消費電力は計算上1/3以下となります。また、フィラメントが 存在しないLEDバルブでは、基本的に“球切れ”がありません。このため、ハロゲンランプに比べると耐久性にも 優れていると評価できます。


ハイビーム時の消費電力が少なく耐久性に優れているLEDの特性は、 ハイビームの利用機会が多い地域運転する人には喜ばしいことでしょう。


特に山間部のワインディングを夜間に走るシーンでは、省電力と耐久性の両方がドライバーの大き な安心となるはずです。



recipe-08-24
(参照:diylabo.jp
cap:このように反射板にスジがあるライトでは、光源の角度合わせが配光に影響する。 ハイビームライトへのLEDバルブ装着では、リフレクターのスジにLEDバルブの光源を合わせる。


メリットとデメリットについて

メリット

ハロゲンよりも広い範囲を照らすことが可能

通常のハロゲンバルブは、すべて共通の規格で製造されているため、高性能を謳っている商品を購入しても、多少の色味の違いや明るさが違う程度で、それほど大きな差はありません。

その点、LEDヘッドライトは、各メーカーのさまざまな工夫が盛り込まれ、個性豊かであると同時に、自分の好みや使用用途に合わせて商品を選ぶことが可能です。

その差が生まれる要因の一つが、ハロゲンとLEDでは、放つ光の特性が大きく違うということが挙げられます。

ハロゲンバルブは、フィラメント(光源)を中心に放射状に光が拡散しているため、リフレクター(反射板)やプロジェクターレンズによって光の向きを調整。

対するLEDは、光源であるチップから指向性の強い光となっており、LEDチップの配置や角度を工夫することで、ハロゲンバルブと同等の配光を実現しているのです。

このLEDチップの配置については、各メーカーがさまざまな工夫を凝らしており、LEDヘッドライトが出始めの頃に言われていた「LEDはロービーム検査に通らない」という問題をクリア。

また、ロービームだけではなく、ハイビームにおいて、通常のハロゲンバルブでは照らせなかった横方向や、車両直前など、より広い範囲を明るくできる商品もあります。

これは、指向性の強いLEDだからこそできる特徴であり、商品を選ぶ際の一つの基準になるのではないでしょうか。

デメリット

メーカーによって優劣の差が大きい

かつて数万円以上と高価だったLEDバルブも、近年では数千円から購入できるようになり、「価格が安いならLEDにしてみようかな」という方も多いのではないでしょうか。

しかし、先述したように、指向性の強い光が特徴のLEDでは、チップの配置や取り付け角度など、より高い精度で製造されていなければなりません。

特にハイビームとロービームを兼用するH4タイプの場合は、車検に通らない、グレア光が多すぎて対向車にパッシングされてしまうなどの恐れもあるのです。

また、発熱量が少ないと言われるLEDですが、LEDチップ自体は発熱しているため、いかに放熱させることができるかということが、LEDバルブの耐久性に大きく関係します。

ハロゲンバルブのように決まった規格が無いLEDバルブは、メーカーごとの性能差が色濃く出てしまいますので、価格だけを重視した商品選びはあまりおすすめできません。

本サイトや、各メーカーの公式HPをよく確認し、しっかりとした性能の商品を選びましょう。

青白すぎる光は悪天候では不利になることもある

LEDヘッドライトの魅力の一つに、ハロゲンには無い鋭く青みがかった光があると思います。

しかし、青みが強く色温度の高い光は、光の波長短いため、空気中の水分に吸収されやすく、障害物の陰影を映し出すことが苦手です。

純正ハロゲンよりも明るく、視認性を上げようとLEDバルブに交換したにも関わらず、青白すぎる光により、暗く感じてしまっては意味がありません。

特に遠く広い範囲を照らしてほしいハイビームの場合、やはり視認性の確保が最優先。

視認性と見た目のカッコ良さを両立するためには、6500K程度までの商品を選ぶと安心です。

一覧を見る

Go Back to Top!