LEDヘッドライトNEWS

hi

ハイビームをLED化するメリットとは

投稿日:2016.08.10 おすすめの取付け箇所

■HIDにはない、ハイビームをLED化するメリットは?
自動車のヘッドライトは、ハイビームとロービームという2種類の機能を持っています。 自動車にはいろいろなデザインがありますが、丸いヘッドライトが左右に1個ずつしかないような 旧式の車両でも、ハイビームとロービームの切り換えは可能です。

これは、ひとつのバルブ内にハイとローの両方の機能を備えたバルブを使っているためです。 最近の自動車では、ライトをユニット化し、より車体にマッチしたデザイン処理を施すのが一般的です。 このような車両では、ボディのデザインにマッチするよう設計されたライトモジュール内に複数の光源を備え、 ハイビームとロービームで独立した光源を使う手法が多いようです。

このような車両では、ハイビームとロービームに別々のバルブを選択することも可能です。 豊かな光量のHIDに対して、反応スピードに優れたLED。それぞれのバルブが持つ特性を知ると、 より目的にマッチするライトのセッティングが可能になります。



ハイビームに適した、瞬時に最大光度を発するLED



LEDバルブは、自動車のヘッドライトではハイビームに適した特性を備えています。 LEDの大きな特性のひとつは、スイッチをONにすると同時に最大の明るさを発揮できること。 この特性は、対向車とのコミュニケーションに使われることが多いハイビームにとっては 非常に都合の良いものです。


ちなみに、LEDのこのような反応の良さを「立ち上がりスピードの良さ」などと評することがあります。 たとえば道幅の狭い場所で対向車と出会った場合、パッシングによって互いの意志を確認するような場面は 日常的にあります。このような時、パッシング操作と同時に強い光を出せるLEDでは、相手に対して確実に メッセージを送ることができます。


これは、夜間はもちろん、明るい昼間であれば、より顕著です。 HIDにもハイビームに使えるバルブはありますが、ことパッシングに関しては、LEDが圧倒的に有利です。 確かに、最近は「パッシングOK」をうたったHIDキットも増えています。


しかし、LEDとHIDはそのそもの発光原理がまったく異なります。 いろいろな工夫を凝らしてスイッチON後に速やかに明るくなるよう改善したHIDでも、 本来の特性として瞬時に明るくなるLEDのスピードには及びません。


もし、所有する自動車のハイビームが独立タイプなら、ハイビームだけを LED化することが可能です。一般的なバルブ交換と同様の作業でLED特有のキレのある パッシングが手に入りますから、何かの機会に検討してみては如何でしょう?




(http://www.asahi.com/car/gallery/120619citroen/citroen126.html より)
cap:最近のヘッドライトは、ライトモジュール内に複数の光源を持つ。このライトでは、HIDヘッドライトとLEDのポジションランプが仕込まれている。



消費電力の他、耐久性にも優れたハイビームLED



もちろん、ヘッドライトをLED化すると、大幅な省電力にもなります。 一般的なハロゲンバルブに比べると、LEDバルブの消費電力は計算上1/3以下となります。また、フィラメントが 存在しないLEDバルブでは、基本的に“球切れ”がありません。このため、ハロゲンランプに比べると耐久性にも 優れていると評価できます。


ハイビーム時の消費電力が少なく耐久性に優れているLEDの特性は、 ハイビームの利用機会が多い地域運転する人には喜ばしいことでしょう。


特に山間部のワインディングを夜間に走るシーンでは、省電力と耐久性の両方がドライバーの大き な安心となるはずです。



recipe-08-24
(http://www.diylabo.jp/recipe/recipe-08-2.html より)
cap:このように反射板にスジがあるライトでは、光源の角度合わせが配光に影響する。 ハイビームライトへのLEDバルブ装着では、リフレクターのスジにLEDバルブの光源を合わせる。



一覧を見る

Go Back to Top!