LEDヘッドライトNEWS

column-80-02

H16バルブのドレスアップの注意点

投稿日:2016.08.10 おすすめの取付け箇所

■要注意!「H16バルブ」は、19Wの省エネ設計
「H16バルブ」は、最近、カーマニアの間で注目を集めているバルブです。 H16は比較的新しいモデルに採用され始めたバルブ規格で、台座を始めとする各部の寸法は H11やH8バルブと同様です。

このため、物理的に装着するだけであれば、H16規格のライトユニットに H11バルブを装着することが可能です。

ただ、H16は消費電力が19wと少ない設計です。
これを知らないでH16規格のライトユニットに高出力のH11バルブ(55w)などを装着すると、 使用時にいろいろとトラブルが起きる危険性があります。


たとえば…。

H16バルブの置き換えでは、LED一択



H16バルブは、プリウスやアクア、ポルテなどに採用されているバルブの規格です。 他にも多くの車両で採用される傾向にありますが、その理由はこのバルブの消費電力の少なさにあります。


H16バルブの消費電力は、たった19wしかありません。 H16バルブとサイズが同じH11バルブだと55wですから、H16バルブでは 消費電力は約1/3ということになります。この省エネ性能がH16バルブの大きなメリットとなっています。


ただ、H16規格のバルブを他のバルブに置き換える場合には注意が必要です。それは、標準でH16バルブが採用されている車両では、バルブ以外の部分もH16規格に合わせて作られている可能性が高いからです。具体的には、ライトユニットのレンズや反射板などは、熱耐性をH16に合わせたパーツが使われている可能性が高くなります。


つまり、周辺のパーツが従来品に比べると熱に強くないということです。 このため、これらのライトユニットで発熱量が強いバルブを使うと、レンズや反射板の変形や、 最悪の場合は車両火災に繋がるトラブルを引き起こす危険性があります。


これを考慮すると、標準装備のH16バルブの交換は、 LED以外に考えられないということになります。


発熱の多いHIDでは、レンズや反射板にダメージを与える危険性があります。 どうしてもHIDにしたいのであれば、レンズや反射板をチェックし、 状況に応じて熱に強いパーツへの交換が必要になります。

p1
(http://minkara.carview.co.jp/userid/1525425/car/1124623/4747886/parts.aspx より)
cap:プリウスのフォグランプにH16を仕込む。



今後が期待される、省エネバルブH16



現代の車両のヘッドライトでは、ロービーム側がH11、ハイビーム側がHB3のバルブが 使われることが一般的です。しかし、H11と取付台座などの形式が同じH16バルブが登場したことで、 今後はH16バルブがH11バルブと置き換わる可能性があります。


H11バルブをH16バルブに置き換えることで、ライト周りのパーツの熱耐久性を下げることができます。 多くの場合、これはパーツの軽量化やコストダウンに繋がります。今後、さらにH16バルブが一般化すると、ヘッドライトバルブのマーケットからH11規格のハロゲンバルブと交換可能なHIDバルブが一掃される可能性もあります。


HIDバルブの発熱量に耐えられるライトユニットが存在しなくなるからです。


また、このような状況では、LEDバルブにもさらなる性能が求められるはずです。 それは、H16バルブによって、LEDバルブの大きな魅力であった省エネ性能のメリットが 減じられるからです。


現時点では、H16バルブの代わりに使えるLEDバルブの消費電力は11w程度です。 対するH16バルブは19w。その差は8wです。つまり、以前ほどLEDの省電力性能が目立つ状況ではなくなりつつあるということです。にもかかわらず、LEDバルブの価格はハロゲンバルブとは比較にならないほど高価という現実があります。


省エネ性能や色味の差があまりなくなると、LEDの価格が大きな導入障壁となります。 しかし、電子デバイスの世界は進歩が非常にスピーディでもあります。今後のLEDバルブの性能と価格に期待したいところです。


yellowhat_316806
(http://store.shopping.yahoo.co.jp/yellowhat/316806.html より)
cap:PIAAのLEDバルブ(LEH102)。H16のハロゲンバルブと交換して使える。実売価格は、1万7000円前後。



まとめ



H16バルブは、省エネに焦点を当てた新しいバルブです。消費電力が少ないので発熱量の控えめで、 そのためにレンズや反射板も従来品ほど熱に強い素材は使われていないのが普通です。


このようなヘッドライトでは、発熱量の高いHIDは使用できません。 H16バルブのライトにLEDがおすすめなのは、LEDバルブが備える高い信頼性はもとより、 発熱量の少なさによるところが大きいのです。

一覧を見る

Go Back to Top!