LEDヘッドライトNEWS

5

ヘッドライトの光軸調整の仕方

投稿日:2016.10.19 LEDヘッドライトの選び方

・車のライトをLEDに変えたら、光軸調整が必要!なぜなら・・・


クルマのランプをLEDに変えたら、光軸調整が必要です。光軸調整をせずそのままにしてLEDの状態で走っていると、知らないうちに眩しいと思われてパッシングされたり、自分で見てみても片方だけ眩しすぎたりなど、いろいろと不都合が起こります。


純正のリフレクターやプロジェクターはハロゲンを使うことを前提にして設計されているので、 光軸がずれたり、LEDでは光量が増えすぎて光りが拡散してしまうのです。


純正ハロゲンの仕様からLEDに変更することで起こる不都合を回避するためにも。 光軸調整はできるのであれば行ったほうがいいのです。


ですが、別料金のためあまり行っていない人が多いのが難点です。



・そもそも光軸とは?



2


光軸とはヘッドライトが一直線に照らしている方向のことをいいます。 ヘッドライトはただ漫然と明るくしているわけではなく、決まった光軸の向きがあります。 光軸がちゃんとしてないと、実は車検に通らないのです。


光軸がずれていると運転に差し障りがあるだけでなく、 自分が困るだけではなくて対向車が見えにくくなり、前の車が眩しく感じてしまったりなど、 走行が危険になりかねません。



・光軸がずれる原因



basic-20-01
・光軸がずれる原因
参照:DIY LABO http://www.diylabo.jp/


ヘッドライトは、通常の使用では光軸がずれたりはしません。ですが、何か大きな衝撃を受けたときや、 タイヤの極端な摩耗によって光軸がずれたりします。極端に重たい荷物を載せて車のバランスが崩れている時なども、 光軸がずれたりします。


光軸がずれると、ヘッドライトの状態が狂ってしまうので、極端に手前しか照らさない、 ロービームなのにハイビームのように遠くを照らす。

そうしたところから、今光軸がずれているというのが体感できるようになります。



・光軸をチェックしよう



5-1
5


では具体的に、ヘッドライトの光軸がずれているかどうかをチェックする方法をお知らせします。 照らしたいものに対して、ハイビームやロービームで照らした際、ハイビームでは照らされていても、 ロービームでは照らされていない場所ができます。


この領域のことをカットオフラインと呼ぶのですが、これを使って光軸を確認していきます。 カットオフラインを自分の体に写し込んで、そのまま車から下がり、5センチ以上、 上にずれていればそれは光軸が狂っています。下にずれる分には問題ありません。

基本的には、業者に依頼するのが一番ですが、ある程度の調整であれば個人でも可能です。 まず、純正の照射状態を確認・記録(マーキング)します。純正ハロゲンの状態で垂直な壁から車を3m程度離した状態で壁に向かって照射します。


その時にカットオフライン(ハイビームでは照らされていても、ロービームでは照らされていない場所の境目) をテープなどでマーキングします。


次に車はそのままにハロゲンバルブからLEDバルブに交換し、 同じく照射します。マーキングとのズレがそのまま光軸のずれとなります。


必ずヘッドライトには上下方向の調節用ネジと左右方向の調節用ネジがありますので、 このネジを締めたり、緩めたりすることでリフレクターまたはプロジェクターが動く仕組みです。


この二つのネジを調整してマーキングした純正ハロゲンの照射状態に近づけます。
※一部の車には純正でレベライザーが装備されています。必ず0の状態にして調整を行いましょう。



・業者に依頼しよう



6
参照:車ダイビングスキー旅行DIYを愛するオジサンのブログ
http://a-taka.asablo.jp/


光軸の調節そのものは、一般の方でもできる簡単な作業です。ネジを回すだけですので、誰でもできます。


ですが、それが基準内におさまっているかどうかを確認して合わせるとなると、 難しいと思います。車の知識がないままに見よう見まねで光軸調整を行うと、ズレがよりひどくなる場合があります。


安全で確実な光軸調整を行うためにも、整備工場などに依頼しましょう。 整備工場に依頼した場合は、予算はだいたい数千円で依頼できます。余計な手間もかからず、調整はあっと言う間に終わりますので、運転のリスクを下げて周りに迷惑をかけないためにも、業者に依頼しましょう。



カットラインが出ているLEDヘッドライトはどれ?

一覧を見る

Go Back to Top!