LEDヘッドライトNEWS

s_RIMG0529

LEDヘッドライト と HID 取り付け手順の違いと難易度は?

投稿日:2016.08.01 HIDと比較

ハロゲンライトの車両にHIDやLEDライトを組み込むと、明るさのUPによる夜間運転の安全性向上や 消費電力の少なさ、スタイリッシュな見た目など、いろいろなメリットを得ることができます。

しかし、HIDとLEDは、ヘッドライトの仕組みとしては全く別のモノ。 HIDやLEDの導入は、単純にバルブを交換すればOKということにはなりません。 導入作業にはそれぞれに注意すべき点やノウハウが存在しますから、実際に交換に 踏み切る前に知っておくと良いでしょう。

実績が多い交換キットの選択が安全

ハロゲンのヘッドライトが装備されている車両をHIDやLEDにアップグレードするには、 周辺モジュールやケーブルがセットになった“交換キット”を使うのが簡単です。

このような交換キットは、アフターパーツのメーカーやチューニングショップなどから 発売されています。ライトのアップグレードに必要なパーツがタイラップなどの 小物に至るまで含まれているのが普通ですから、このようなキットがあれば 工具の他に必要なものはありません。

まずは、自分の車両でどのキットが使えるかを調べてみましょう。

なぜ事前にこのような調査が必要かといえば、車両の状況によっては、 汎用的なアップグレードキットが使えない場合があるからです。

特に最近のクルマでは、ボンネット内に余分なスペースがあまりありません。
このため、大きな放熱ファンやヒートシンクを備えたLEDバルブではライトモジュールの 方がどこかに干渉する危険があります。自分のクルマのボンネットを開け、ヘッドライトの裏側に 十分なスペースが無いようだと、大型のヒートシンクが付いたLEDバブルは装着できないことになります。

HIDの場合は、LEDのようにバルブに冷却用のファンなどはありません。
しかし、代わりにバラストの設置スペースが必要になります。
バラストはバッテリー電圧である12vをHIDの放電に必要な2万v程度まで昇圧し、 電力をHIDバルブに対して安定して供給する装置で、それ自体も熱を発します。 このため、設置には発熱を考慮した場所を確保する必要があります。

HIDに必要な高電圧を生み出すバラスト。サイズは10×10cmほど。 HIDに必要な高電圧を生み出すバラスト。サイズは10×10cmほど。

バラストに関しては、さらに重要な注意点があります。
それは、バラストからバルブまでのケーブルが、多くのキットで“改造不可”となっている点です。
これは、このケーブルに非常に高い電圧がかかるためです。このケーブルを素人のユーザーが改造して 延長することは非常に危険です。

このような理由から、HIDのバラストは、ライトからケーブルが届く範囲で、かつ発熱しても問題がない場所に 限られます。これをクリアするには、自車のヘッドライトやその周囲を観察し、 それに基づいてアップブレードキットを選ぶ必要があります。

基本的にバルブの交換だけでOKなLEDがカンタン

ハロゲンバルブからのアップグレードという側面でHIDとLEDを比較すると、作業自体がカンタンなのは、 圧倒的にLEDです。LEDであれば、作業難易度は基本的に切れたハロゲンバルブを新しいモノに交換するのと 変わりません。

実際の交換では、ライトの裏側から台座ごとハロゲンバルブを引き抜き、 これをLEDのバルブモジュールと入れ替えます。このあとコネクタ類をつなげば、作業は終了です。

HIDの場合もライトモジュールを入れ替えるのは同じですが、先に紹介したバラストの設置が必要です。
また、場合によっては、HIDバルブの表面に付いた油分やホコリなどを取り除く“空焼き”が必要な 場合もあります。

最近は空焼き不要のHIDバルブも多いようですが、バルブ表面に油分やゴミが付いた状態でバルブを ライト内に装着すると、点灯時にその油分やゴミが燃焼し、発生したガスがライトの内部を曇らせる 場合があります。これを防ぐために、ライトへ装着する前に数分ほどライトを点灯させるのが空焼きです。

“空焼き”を行わないと、ライト内で不純物が燃焼しガスが発生。ライトを内部から曇らせることも。 “空焼き”を行わないと、ライト内で不純物が燃焼しガスが発生。ライトを内部から曇らせることも。

LEDの場合も発熱部に油分やゴミが付着していると不具合を起こすことがあります。
しかし、多くのLEDバルブは発光部がガラスに覆われていません。
また、サイズが小さいので油分やゴミなどが付着しても、その量は微々たるものの場合が多いようです。

【その他LEDヘッドライトとHIDを比較項目】

明るさと色の違い
発熱、消費電力の違い
寿命と起動速度の違い
発光原理の違い
雪の融け具合の違い

一覧を見る

Go Back to Top!